料理人になるために専門学校へ行こう

より良い学校を選ぶ|料理の専門学校に通う

3年制のコース

調理器具

優良な料理専門学校における3年制のコースでは、料理に関する高度な教育を受けることが可能です。このコースを選ぶことによって、料理のプロとして働くための高度な知識と技術を身に着けることができるでしょう。

一流の味を学ぶ

メンズ

一流の調理師になるためには、一流の料理の味を学ばなければなりません。優良な専門学校では、安心・安定・最適・本物といった4つの条件にこだわって仕入れた食材を用いて実習を行ない、一流の味を学んでいくことができます。

高度な教育を受ける

料理

優良な料理専門学校を入学した際には、優秀な講師陣による授業を受けることが可能です。優秀な講師陣というのは、海外の一流レストランでの現場経験のある講師や食文化の向上に貢献しているような食の最先端にいる講師等です。

注目すべきポイント

女性

料理のプロを目指したいと考える時には、料理専門学校への入学が最適です。料理専門学校に入学することによって、料理に関する知識と技術を身に着けることができます。日本国内には数多くの料理専門学校が展開しており、入学を考える時にはその中から一つを選ばなければなりません。ここでは、料理専門学校を選ぶ際に注目すべきポイントについて知っていきましょう。そういった専門学校を選ぶ時には、まずその学校の卒業生の就職先に注目する必要があります。就職先に自身が将来的に働きたいと考えている飲食店が卒業生の就職先に含まれているかどうかといったポイントを確認することで、将来設計をより確実性のあるものにすることができるのです。

次に、卒業生の就職率について確認します。多くの料理専門学校は就職率100%とホームページやパンフレット等に掲載していますが、実際には中退率・就職自体率・進学率等を別にして集計を取っていることが多いです。つまり、就職率100%というのは、中退者や就職辞退者を除く、就職希望者のみの就職率のことを指します。どういった形で集計が取られた数値なのかまで調べた上で、料理専門学校を選びましょう。次に注目すべきポイントは、卒業と同時に取得できる資格についてです。殆どの料理専門学校は、1年制のコースであっても卒業時に調理師の資格を取得することができます。しかし、優良な専門学校であれば、2年制のコースや3年制のコースを選択することによって、調理師免許以外の料理に関する資格まで卒業と同時に取得することができるのです。