抗酸化作用のある成分はビタミンCと同時摂取で吸収率アップ?

抗酸化物質(ポリフェノール)は体のさび取り剤として壮年層を中心に注目されている成分です。サプリメント商品が多く販売されていますが、勿体ない飲み方をしていませんか?毎日目安量をしっかり服用していても、体に吸収しきれずに体外に排出されていることもあるのです。サプリメントに含まれた栄養素をしっかり体内に吸収させるには、吸収お助け成分を一緒に摂取することが大切です。

体内に効率よく吸収させるためには、ビタミンCの併用がお勧めです。ビタミンCは体内の代謝を手助けしてくれる成分です。血流もUPできるよう促してくれます。血流UPすることで抗酸化物質もしっかり体の隅々まで届きますので、効果も実感しやすくなるのです。皮膚の生成を促してくれる効果もあり、腸壁内のターンオーバーも正常化してくれます。腸壁内がキレイでいれば、胃腸内で分解しきれなかったポリフェノールが腸に届いても体外へ排出されることなくしっかり吸収されていきます。また抗酸化物質は、ビタミンCと一緒に摂取することで強力なさび取り剤に変化するのです。

抗酸化物質とビタミンCがタッグを組むことで、老化した細胞が排出する活性酸素を分解する働きがあります。弱った細胞を修復する働きや、細胞の活性化にも一役買いますので、抗酸化物質とビタミンCはペアで摂取することを日常化しましょう。ビタミンCは柑橘類に含まれている他、レタスやキャベツなど葉もの野菜にも含まれています。食事やサプリメントで上手に補っていきましょう。育毛剤がなかったら抗酸化作用のあるワインとかに頭を付けておけば何とか抜け毛も減るかもしれません。ま~自己責任でお願いいたします。

育毛と睡眠の主な関係は?

美容や健康のためには、質の良い睡眠が大事ということは知っている方も多いでしょう。
昔から、寝る子は育つと言われているように、人間にとって睡眠は成長のためにとても重要な働きをしています。
眠ることで体内機能の疲労を回復したり、ダメージを修復したりすることもできるので、成長途中にある子供だけではなく大人にとっても睡眠をおざなりにしてはいけないのですね。
その睡眠ですが、実は髪の毛とも大きな関わりを持っているのです。

髪の毛と睡眠は一見何のつながりもないように思えますが、髪の毛というのは夜の10時から翌日の2時にかけて、つまり眠っている時間に成長するのです。
この時間帯には、髪の毛の成長を司る成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンというのは、脳が分泌するホルモンの一種で、このホルモンの命令によって栄養素が体やお肌、内臓器官、そして髪の毛の成長や修復に働くのです。
髪や頭皮、毛根というのは、紫外線やドライヤーの熱、スタイリング剤、シャンプーなどによって毎日ダメージを受けています。
このダメージを修復して回復させるのも成長ホルモンですし、もちろん健康な髪の毛の育成にも関わるのが成長ホルモンです。
つまり、成長ホルモンが分泌されなければ、ダメージはそのままになってしまって、結果的に毛根組織の働きが低下して健康な髪が成長せず、細く弱々しく抜けやすい髪の毛になってしまうのです。

ただし成長ホルモンは時間が来れば分泌されるというものではなく、しっかりと質の良い睡眠を取っていないと分泌されません。
眠る時間が変則的だったり、毎日夜ふかしをしているという方は、成長ホルモンが分泌されないため育毛が出来ない状態を作ってしまっていることになります。
しかもこのホルモンは大人になればなるほど減少していくものなので、睡眠をきちんと取らないと、ただでさえ少ない成長ホルモンがさらに少なくなってしまうのです。
どんなに抜け毛治療をしても育毛剤を使っても、規則正しく質の良い睡眠を取らない限り、薄毛を改善するのは難しいと言えるのですね。

保湿化粧品の選び方は?

お肌の健康状態を改善・維持するために欠かせないのは保湿です。
適度な潤いを保っていなければどんどん肌トラブルを誘発させます。

保湿化粧品の正しい選び方を確認して、健康的な肌質を維持しましょう。

保湿力の高さを判断するには、具体的にどんな成分が配合されているかを確認する必要があります。
例えば肌の保湿成分として知られているヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合されていれば間違いなく保湿効果が高いと判断する方も多いものです。

確かにお肌の中で保湿に関わる成分を補給するために肌に塗ると良い効果をもたらすと考えられますが、実際にはあまり高い効果が期待できない場合が多いと言われています。

ヒアルロン酸やコラーゲンは非常に分子量が大きいため、肌に塗っただけでは浸透せずに肌表面を潤わせているに過ぎません。肌の中にしっかりと潤い成分を補給するには、分子量を小さくした低分子ヒアルロン酸や低分子コラーゲンが効果的だと言われています。
あえて低分子と高分子の両方を配合して肌の奥に保湿成分を浸透させるだけでなく、肌の表面で潤いを逃がさないようにする相乗効果が期待できる商品もあります。

セラミドは天然系の場合は浸透性が良い成分ですが、種類によってはほとんど意味がない場合もあるため注意が必要です。
保湿成分として配合される成分の役割をきちんと確認していれば、自分に合った保湿化粧品選びも決して難しくありません。

保湿力の高さを判断する基準は、保湿成分以外に配合されている成分にも注目しましょう。
中でも注目したいのは肌の再生力を促す成分です。

肌のターンオーバーが乱れがちになると潤いが保持できなくなり、どんどん潤いが逃げていきます。
一生懸命保湿成分を補給してもターンオーバーの周期が乱れたままでは、いつまでも良い結果が出ません。

ターンオーバーの正常化を目指すために活用できる成分の一例として、プラセンタやビタミンC誘導体、パンテノール等があります。
保湿との相乗効果で、良い結果を得られると期待できる保湿化粧品を選択しましょう。

敏感肌のスキンケア方法は?

敏感肌は肌のバリア機能が弱っているため、外からの刺激にとても弱い肌質です。
自分の肌質に合った基礎化粧品を使わなければ、すぐに反応して、かゆみやかぶれを始めとした肌トラブルが頻繁に引き起こされます。

敏感肌に適したスキンケア方法を実施して、できるだけ早く肌質の改善を目指して下さい。
スキンケア方法で注意しなければいけないのが、生活習慣の改善です。

普段の生活の乱れが影響して敏感肌に陥っている可能性が高いため、どんなにスキンケアを実践しても良い結果が出ません。
正常な肌のターンオーバーを促すためも、規則正しい生活を送ってください。
まずは肌質の改善を目指し、規則正しい生活を心がけましょう。

毎日の使うものですから、自分の肌に合った基礎化粧品選びも注意しましょう。
肌に刺激を与える可能性が高い成分が配合されていると、敏感肌の方はすぐにトラブルが生じる可能性が高いのです。

特にアレルギーを引き起こす可能性が高いと言われる合成添加物が配合されていると、余計な刺激を与えるため注意しましょう。
どんなに敏感肌用と謳っていても合成添加物が配合されている場合も多いので、購入前にきちんと成分表示を確認して下さい。敏感肌のスキンケアでは特に保湿を重点的に行いましょう。
肌トラブルを起こしやすい敏感肌の方は、元々乾燥肌だった方が悪化した可能性が高いです。

肌の潤いが極端に失われている状態にバリア機能も低下しているので、しっかり潤いを補給してバリア機能を回復させるケアが必要になります。
適度な潤いが維持されるようになると肌質の改善も見込めるため、保湿ケアは絶対に手を抜かないようにして下さい。

敏感肌は洗顔をする際も注意が必要です。
洗浄力の強すぎる洗顔料を使用すると必要な皮脂も根こそぎ奪われるため、肌の乾燥を悪化させる原因になります。

低刺激の洗顔料をしっかり泡立てて汚れを落とし、速やかに化粧水をつけて潤いを補給しましょう。
その後は乳液や保湿クリームで潤いを逃さないようにして下さい。
一連の流れで出来る限り手を抜かないようにして、正しいケアを地道に続けるのがスキンケアで大切となります。

無添加化粧水の魅力は?

無添加化粧水とは、添加物が配合されていない化粧水のことを言います。
余計な刺激が少なく、肌の弱い人にも安心して使えるのが魅力となっています。

しかし一般的に添加物とは旧指定成分や、石油由来の化学合成された成分を指す場合が多いです。
これらの成分はアレルギーや肌荒れを引き起こす可能性が高いと指摘されているため、本当に肌を大切に考えているなら配合されていない方が望ましいとされています。

最近は消費者の意識も向上し、安全性の高い化粧品を選ぶ方が増えているため、無添加化粧水の方が好まれる傾向があります。
安心して使える化粧水を探している方にとっては、無添加化粧水として販売されている商品は大きな魅力に感じられるはずです。

注意しなければいけないのが、無添加化粧水として販売しているものはすべて、安心して使えると思い込むことです。
一般の方は無添加と表記されていると、添加物は一切配合されていないと考えますが、実際にはそうではありません。

例えば合成着色料は配合されずに、合成保存料を使用していても合成着色料が含まれていないため無添加として表記できます。
添加物の一部が配合されていなければ広い意味で無添加と表記しても問題ないのでしょうが、実際に使用する消費者にとっては判断がしにくく、ややこしい問題です。

無添加の定義に明確な決まりがないため、こういった事例があるのです。
ですから無添加と表記されていれば100%安心できると考えてはいけません。本当に添加物が一切配合されていない商品も存在しています。
敏感肌でも問題なく使えるものが多いので、無添加を好んで使う方は、本当の意味での無添加を確認するのが重要です。

化粧水はほぼ水で構成されているため、防腐剤として保存料を配合しなければ腐ってしまいます。
ここで大切なのは、石油系合成添加物が配合されていない代わりに、配合されている成分が何なのかを確かめる事です。

品質を維持するために、無添加化粧水に保存料として配合されている成分の正体を見極めることが大切となります。
しかし肌に余計な刺激を与える可能性が高い添加物が、配合されていない商品かどうかを見極めるのは非常に難しいものです。

無添加化粧水とアピールしている商品は、まず全成分表示を確認し、配合されている成分が具体的にどんな働きをもたらすのか確認してみましょう。

きちんと確認することで安全性の高い成分で構成されている化粧水を選び、毎日のスキンケアにお役立て下さい。

Tゾーンのテカリを抑える方法は?

Tゾーンがテカってしまうのは、単純に言えば皮脂の分泌量が多いからです。
もともと顔は皮脂線が多い部位ですが、その中でもTゾーンは特にたくさんの皮脂線が集まるパーツになるため、分泌も他の部分より過剰になります。

ですから、あぶらとり紙などでしょっちゅう皮脂を取り除く、という方も少なくありませんし、皮脂を抑える成分が配合された化粧品でケアをしている方も多いでしょう。

それなのにテカリを抑えられないのは、スキンケア方法が間違っているからなのです。

皮脂はニキビなどを引き起こす厄介者、と言うイメージが強いですが、肌の保湿には絶対に欠かせません。
皮脂と汗が混ざり合って出来る皮脂膜は、天然の保湿クリームとも呼ばれていて、肌を外部の刺激から守り肌の水分が蒸発しないようにしてくれています。

そのため取りすぎたり、分泌を抑えてしまうと保湿クリームがなくなって乾燥肌になり、肌は水分を保つための防御機能を働かせます。
この防御機能の働きによって、皮脂はさらに分泌されるので、結果的にさらにテカってしまうようになるのです。インナー層の保湿にはセラミドが欠かせないので、まずは保湿していくとよいでしょう。つまり、テカリを抑えるには、保湿をしっかりと行って水分をたっぷりと保持して、肌に分泌しなくても大丈夫という信号を送らなくてはいけません。
無理に分泌させないようにするのではなく、保湿をして分泌の必要性を感じなくさせることが、Tゾーンのテカリを抑えるスキンケアなのです。

スキンケアをするときには、テカリやベタつきがあるので、化粧水だけで済ませているという方も多いかもしれませんが、これだけでは十分な保湿はできません。

化粧水をしっかり浸透させるのはもちろん、美容液でしっかり美容成分を与えて、最後は乳液で蒸発を防いであげましょう。
一つ一つのケアを丁寧に行って、間に少し時間を置けば、べたべたすることもありません。

どうしても乳液のベタつきが気になる場合は、最後にティッシュで油分をオフしてください。
きちんとスキンケアをして保湿を心がけていれば、分泌量も減ってくるので自然にテカリも解消されます。

妊娠中にシミができやすい理由は?

妊娠をすると、女性の体は妊娠状態を維持するためにホルモンの分泌量が増加します。
そのため、女性ホルモンのバランスが妊娠していないときと異なるため、あらゆる肌トラブルや体調に変化が起きるのですが、その代表とも言える症状がシミです。

普通なら加齢やターンオーバーの低下によってシミができますが、妊娠中は年齢に関わらず、それまでまったくシミがなかった人でもできやすくなります。

その理由は、メラニン色素の生成を促すメラノサイトという色素細胞を刺激する、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンにあります。
女性ホルモンが増加すると、メラノサイトがどんどん刺激されてメラニン色素を大量に生成してしまうため、色素沈着が引き起こされます。
さらに、ホルモンバランスが崩れてターンオーバーが低下している状態にあるので、シミが出来てしまうのですね。

これを改善するには美白ケアが必要になりますが、妊婦さんが安易に美白成分を使用するのは危険です。
メラニンの生成を抑制したり、排出を促進する効果がある美白成分というのは、刺激がとても強いので肌が敏感になっている妊娠中に使うとトラブルが起きるリスクが高くなってしまいます。

また、医薬品にも含まれる美白成分は、胎児に悪影響を与えるという報告はないものの、やっぱり避けておいた方がいいでしょう。シミができやすい時は乾燥肌用の保湿重視でくすみケアも考えながら美白成分でシミを予防していくのがまずは良いです。シミのスキンケア方法の基本となるのはUVカットです。
妊娠中は家にいることも多いかもしれませんが、紫外線は窓からも入ってくるので、昼間は必ず日焼け止め化粧品を使いましょう。

特に、頬骨あたりはシミが出来やすいので、重ね塗りをしたりこまめに塗り直すようにしてください。
出かけるときは、帽子や日傘でさらに紫外線をカットすることも必須です。

もう一つ重要となるのが抗酸化作用です。
肌の表面が活性酸素などによって酸化するとシミができやすくなりますし、メラニンの排出も滞ります。
こういった状態を防ぐために、抗酸化作用が高いビタミンCやビタミンEが配合されている化粧品を取り入れてスキンケアをしていきましょう。

ビタミンEの育毛への効果は?

ビタミンEは、脂溶性のビタミンで、胡麻やうなぎ、大豆やナッツ類、植物オイルや卵、葉野菜などに豊富に含まれているビタミンです。
この成分は抗酸化作用がありますので生活習慣病の予防や血行促進、肌荒れ改善などが期待できます。
さらにビタミンEには、育毛への効果も期待できます。

薄毛や抜け毛の原因として、血管が圧迫されることで起こる血行不良が挙げられます。
血行不良になれば、頭皮に充分な栄養素や酸素が行き届かなくなります。
頭皮に充分な栄養素が届かなくなれば、当然髪の毛の栄養も不足してしまい、髪の成長にも影響を及ぼし、薄毛や抜け毛になってしまうのですね。
こういった血行不良が原因の薄毛対策にはビタミンEを摂取するのがおすすめです。
圧迫されていた血管を広げてくれる作用がありますので、血行不良も改善されて、頭皮にまでしっかりと酸素や栄養素が行き届くようになります。
また、いくら髪に良いとされる栄養分を摂っても頭皮に行き届かなければ効果は期待できませんので血行を改善することは育毛にとってとても大切なことです。
またビタミンEには、優れた抗酸化作用があるので、血管をキレイにしてくれる作用や、頭皮の細胞を破壊する過酸化脂質の生成を抑制する効果もあります。
さらに血管を守ってくれる作用もあります。

体内で生成することが出来ないビタミンですので、サプリメントや食品から摂取することが大切です。
ただしビタミンEは脂溶性ビタミンなので、尿として排出されることがありません。
詰まり体内に溜まるビタミンなので、過剰に摂取すると副作用が心配されます。
血液凝固障害や頭痛、骨粗しょう症になるおそれがあるので、適量を摂るように気を付けましょう。
またビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることで、より効果が高まると言われています。
ビタミンCも同様に育毛効果が期待出来るビタミンですし、美肌効果なども期待できますので、これらのビタミンを意識して摂るようにしましょう。

サーチュイン遺伝子とミトコンドリアの関係は?

ミトコンドリアとは、細胞の中に含まれている物質です。細胞の中でミトコンドリアが呼吸をすることによって生きるために必要なエネルギーを生産しています。このミトコンドリアも加齢によって弱ったり数が減ってしまいます。ミトコンドリアが弱ってしまうと体のさびにつながる活性酸素を排出するようになります。また細胞自体を壊すようになりますので、体のさび=生活習慣病や加齢によるさまざまな疾患を引き起こすようになるのです。サーチュイン遺伝子は生きるための遺伝子とも言われています。この遺伝子は普段は休眠中ですが、食事制限を行うことによって活性化します。

サーチュイン遺伝子は寿命延命効果があるといわれており、先述のミトコンドリアの老化を止める働きもあると考えられています。免疫力も高まりますので、免疫細胞の低下で引き起こされる疾患の予防、老化現象対策にも一役買っています。食事制限でサーチュイン遺伝子を目覚めさせることは簡単ですが、再び食生活をもとに戻してしまえばサーチュイン遺伝子も休眠してしまいます。長寿を全うするには、永続的な食事制限が求められるのです。

寿命を長く保つ遺伝子を活性化させるためとはいえ、現段階で無理な食事制限を行うと他の疾患を招いてしまうこともあります。ここで赤ワインポリフェノールのレスベラトロールを摂ることが注目されるようになったのです。レスベラトロールは現段階で分かっているサーチュイン遺伝子を活性化させるアイテムです。またポリフェノールはミトコンドリアが排出する活性酸素も取り除いてくれる働きがあるので、二重の効果が期待できるのです。

ミトコンドリアは細胞の中に存在する物質です。このミトコンドリアは細胞のエネルギー源として常に活動をしていますが、活性酸素を排出することでも知られています。この活性酸素は体のさびをつくる要素としてとらえると分かりやすいでしょう。老化現象や生活習慣病の原因をつくりだす成分であるとも言われています。活性酸素は、DNAを傷つけてしまうことも分かっており、さまざまな疾患を引き起こす可能性も分かっています。ミトコンドリアが活性酸素を排出する原因としては、細胞自体の老化が原因とも考えられています。細胞が老化することによってミトコンドリア自体も活性酸素による攻撃を受けやすくなり、さらなる活性酸素の排出につながります。また、体内での酵素反応でも活性酸素が生み出されていきます。

活性酸素が原因で作りだされた体のさびをため込んでしまわないように、細胞レベルで健康を保つ必要があります。細胞レベルでの健康を保つには補酵素の力を借りたり、抗酸化物質を補う必要があります。食物やサプリメントなどを上手に補ってミトコンドリアが正常な状態でいられるような工夫を行いましょう。アンチエイジングの観点からも、CoQ10やアスタキサンチンなどの抗酸化性物質やポリフェノール、ビタミンCやEなどのビタミン類を積極的に摂取しようという動きが高まっています。食事から補うことが難しい成分も多くありますので、さまざまな工夫を行いながら、健康を保ち続けていきましょう。

無添加の育毛シャンプーならサラヴィオのS-1シャンプーが良いの?

M-1育毛ミストと同じサラヴィオ化粧品から出している無添加シャンプーが相性が一番合うのではないでしょうか?さらに育毛剤もあるので順番的にはS-1無添加シャンプー⇒M-1育毛ミスト⇒M-1育毛剤の順番で使用して行くのが良いのではないでしょうか?それにしてもお金がかかりますね。(笑)

さてどれも共通しているのは非常にシンプルと言うのが考えられますが、M-1育毛ミストもあまり多くの成分が配合されていない分子ピーリングの魅力を打ち出している商品ですが、S-1無添加シャンプーも特に無添加の部分とシルクアミノ酸と言う部分に特徴を感じやすいと思います。

育毛剤の方はかなり濃厚の栄養素がたっぷり含まれているのが特徴ですが、育毛剤は保湿重視のが多いですよね。これはスキンケアでも同じで紫外線対策と言うと女性では美白を行う事も多いですが、保湿力があると紫外線対策にもなるのです。

男性の育毛も同じで保湿してあげるとべたつきがある脂性の方でも自然と皮脂で潤うのではない感じになるから保湿してあげると良いそうです。シャンプーでのケアも大事ですが、やはり抜け毛が多くなる前に食事の方法を見直していきましょう。栄養バランスを整えることでやはりバランスの良い食事方法で新しい毛根になる毛芽を作る情報まとめのページにもあるように毛乳頭が活性化しやすく新しい髪も育ちやすくなります。

サラヴィオ化粧品では育毛剤の他に酵素を生かしたアトピーの方や敏感肌の方に良い化粧品も出していますので特に育毛や発毛を考えている敏感肌の方でも安心して使用できるのが魅力です。シルクアミノ酸と言う成分が豊富ですが、タンパク質が多く所有してある成分で高配合になるとアミノ酸系の洗浄成分でも非常にグレードが高くアミノ酸保有率も高いので髪のハリ・コシに繋がっていきます。

無着色で無香料だし、べたつきにくく結構シャビシャビの液体なんですよね。なので泡立てるのは大変かなと思いましたが結構泡立てるのは簡単な様です。

頭皮に原液が入り込まない様に良く泡立ててからシャンプーは使用するのですが、固形石鹸よりも界面活性剤の使用量は少ないのでやはり泡立てるのが大変なんですよね。髪を洗いながら泡立てると良いのだけど洗浄力が強いと髪を洗うとシナッと髪に元気がなくなるのでシルクアミノ酸みたいな髪のハリ・コシと言う面で貢献してくれる成分が多いので髪で泡立てても良い様な感じがしてきます。無添加の育毛シャンプーでもパラベンフリーだけだと防腐剤無添加と言う表記しかない場合もあるので刺激的な成分は他にも多いです。また硫酸系洗浄成分等も刺激となりやすいので育毛に適した成分は配合されていて不必要な成分は配合されていない方が育毛のためには良いです。

石鹸が無添加が一番多くコーティング剤なども配合されていない事も多いですが、育毛だとちょっとアルカリ性だと厳しいんですよね。そのため適度に固形石鹸を使用したりするとお安く済ませる事もできるので週1~2回ほど使用して行くのが良いペースなのではないでしょうか。それ以外にはやや脱脂力が強い洗浄しやすいベースのシャンプーを週に1~2回、それ以外にはS-1無添加シャンプーなど頭皮に優しいシャンプーを使用して行くのが効果的だと思います。

ようするに1本で全部こなすと言うよりはシャンプーごとに特徴があるので上手く使い分けていくと良いでしょう。全て高かったりすると経済的な面だとちょっと大変なので上手く質と価格の釣り合ったシャンプーを探してみると良いでしょう。女性用のマイルドなシャンプーを使用する選択肢もありますし、また保湿性が高い傾向にあるので冬など気候が乾燥しやすい時に上手く活用して行くのも良いと思います。

結構シンプルなS-1無添加シャンプーですが、成分的にも育毛成分などは少ないですが、逆にシャンプーって汚れ・油を浮かすために、合成系などの界面活性剤を使用しているのでシンプルと言う面で育毛剤との併用を考えると乾燥しすぎないですし、良いですね。毛穴の奥にある毛根組織をs-1シャンプーならペロリと毛乳頭細胞の周りの汚れを取ってくれます。吸着力が半端ないというわけではないですが、毛先だけチビチビ洗うというのには適さないシャンプーだと思います。やはり抜け毛の量が多い場合に抜け毛を防止できる間一髪のシャンプーがs-1シャンプーだと思うわけです。そんな薄毛まで危機一髪を回避したい方は発毛シグナルもバンバン発信してくれて毛髪が生育する育毛シャンプーを使用していきましょう。毛周期の改善をしていくことが毛髪の毛幹をうまく育ててくれます。